旋回という強烈な瞑想技法

旋回で宇宙と一つになる

旋回というフィギアスケーターのようにただクルクルと回り続けるという一風変わった瞑想の技法があります。ワーリングと呼ばれることもあるこの技法は、シンプルながらもただ回るだけで悟りを得た人物もいる強力な技法です。そして、個人的には一番好きな瞑想の技法でもあります。

 

旋回はトルコのセマーなど中東で盛んに行われており、インド、中国、日本など世界の至る所で用いられている技法です。残念なことに日本ではとってもマイナーですが、旋回に一度ハマってしまえば、体力の続く限りいつまでも回り続けていたいと思うほど病みつきになるほど魅力ある瞑想技法です。

 

旋回によって自分が溶け去り、宇宙と一つになる。激しく旋回していながら、台風の静けさのような中心を見出すなど、様々なことが語られる旋回。私の場合は、ただ回っているだけで、気持ちよくなってしまい、気が付けば何も考えられなくなる、一種のオーガズムに包まれながら旋回をしている感じです。

 

右回転とエネルギー

旋回をすることは生命力を高めることになります。マクロの観点では地球は公転していますし、ミクロの観点では物質を構成する原子も原子核の周りを電子が回転して成り立っています。万物は常に回転しているんです。

 

そして、重要なことは右回転であるということ。右回転は生命力を生み出す回転です。旋回は主に右回転で行います。

 

フリーエネルギーの存在を知っている人は多いと思いますが、私が理解している限りでは原理自体は単純なものです。右回転でエネルギーを発生させ、発生したエネルギーを左回転で集めて電気として活用するという仕組みです。また、マクロビにおいても調理する際に右回りでかき混ぜたり、炒めたりすることで、料理の生命力を高めています。

 

 

右回転でエネルギーが発生し、生命力が高まるということは、おそらく宇宙の摂理なのでしょう。これをフリーエネルギーでも、マクロビの調理法でもなく、自分自身の身体を使って右回転させていくのが旋回の技法です。

 

 

目が回らなくなるには

旋回は非常に強力で素晴らしい瞑想の技法ですが、目が回りそうというイメージがあります。けれど、目が回らない範疇から旋回を始めていけば、難しいものではありません。

 

旋回は目の使い方と足の裏の使い方にポイントがあります。目が回るというくらいですから、目の使い方がわかれば目が回りにくくなります。初めて旋回をする方は両手を広げて回り、手のひらの一点だけに視点をフォーカスして回れば目が回ることはないでしょう。

 

慣れてくれば、回り続ける景色を見るでもなく、見ないでもない。中空を見ているという状態を掴んでいきます。中空を見る感覚を掴めれば目が回ることはなくなっていくでしょう。

 

そして、ただ立つということがある程度できるようになれば、おのずと足の裏への意識が強くなり、足の裏を感じている限り倒れることはあり得ません。しかし、ただ立つとかただ歩くということはとても奥が深く私も探求している最中です。

 

旋回が好きだという気持ちでマイナージャンルの旋回について書きましたが、旋回に興味を持ってくれる人もいるだろうし、目の使い方や正中線を含めた旋回での5つのコツを機会をみてブログに書きたいと思います。