蜜蝋キャンドルの主な特徴

蜜蝋キャンドルについて

キャンドルに使う素材は蜜蝋だったり、パラフィン(石油由来)だったり、ソイ(大豆由来)だったり様々なものがあります。私自身はキャンドルを使い始めた当初は好んでソイキャンドルを使っていました。

 

お店に足を運べばわかると思いますが、店頭に並んでいるキャンドルの9割以上はパラフィンキャンドルです。ロウだけでなく香りづけに使われている香料も人口香料を使っているキャンドルが多くあります。ロウも香料も石油を加工すれば安価になるからです。

 

経済的なメリットはあるのでしょうが、化学物質に敏感な体質の私は工業的に生産されたパラフィンキャンドルに添加されている化学薬品や人工香料の臭いに耐えることができませんでした。当然のなりゆきとして、高くても自然な原料で作られたキャンドルだけを購入していました。

 

様々なキャンドルを使ってみましたが、独特の甘い香りが気に入り蜜蝋キャンドルを好んで使うようになり、いつしか蜜蝋のキャンドルを自ら作るようになっていました。蜜蝋のキャンドルを作り始めてから知ったことばかりなのですが、知識と体験を踏まえて蜜蝋キャンドルの特徴をご紹介します。

 

 

特徴① 蜜蝋キャンドルの空気清浄効果

蜜蝋キャンドルは部屋の花粉、ほこりや匂いなどをキャッチして床に落としてくれるので、空気を清浄に保つ効果が期待できます。

 

また、蜜蝋には抗菌作用もあり数時間あれば大腸菌を死滅させてしまうほどの作用があります。蜜蝋キャンドルを灯すことで空気中の細菌などを殺菌し、鼻詰まりや咳などのアレルギー症状が沈静化すると言われています。

 

蜜蝋キャンドルの良さをよく理解していたインドのマザー・テレサは、病院で治療ができない喘息やアレルギーを持つ貧しい子どもたちに蜜蝋キャンドルを部屋に灯して、子どもたちの症状を改善させていたそうです。

 

私自身もホテルに滞在した時にカビやタバコの臭いが気になったり、部屋の空気に違和感を感じる時には蜜蝋キャンドルを灯して場の空気を浄化するようにしています。

 

 

特徴② 蜜蝋キャンドルの甘い香り

蜜蝋キャンドルの蜂蜜のような甘い香りは、野山に咲く草花などの蜜源の香りによるものです。採れる草花や採れる地域によって、蜜蝋キャンドルの香りにも個性がでてきます。

 

人間の五感のうち臭覚だけが、感情をつかさどる大脳辺縁系にダイレクトにつながっていますから、蜜蝋キャンドルの甘い香りは感情にもダイレクトにつながります。

 

 

特徴③ 蜜蝋キャンドルの安全性

市場に販売されている95%以上のキャンドルは石油を原料にしたパラフィン製のキャンドルです。もちろんパラフィンは石油由来なので食べることは危険です。

 

蜜蝋は石油化学とは無縁の天然素材で食べることもできる安全な蝋です。フランスのカヌレというお菓子は表面に蜜蝋を塗って焼き上げるお菓子ですし、中国では漢方薬としても使われています。

 

身体に有害な化学成分が発生しないですし、燃やしてもすすがでにくいのが特徴です。また、日本ミツバチであれば西洋ミツバチと違い巣に薬を蒔かないのでより安全と言えます。