2016年の振り返り

リンクナチュラルのスタート

2016年はリンクナチュラルの活動を

スタートさせた年となりました。

 

正直なところ、

なぜ自分がキャンドルを作っているのか、

なぜ自分が瞑想会を開催しているのか、

 

自分でもよくわからないのですが、

不思議なご縁の積み重ねと運命の偶然で

活動を始めることになりました。

 

 

リンクナチュラルとしての活動は

2016123日のキャンドル瞑想会から

始まりました。

 

どうやって告知したらいいのか?

どうやって瞑想をガイドしたらいいのか?

 

自分が参加したことはあっても、

瞑想会を誰かに提供したことはなく、

全てが手さぐりの状態から始まりました。

  

瞑想の状態のままで

始めのうちは失敗もいくつかありました。うまく告知することができず、

 

参加者がおひとりの会もありました。

自分と参加者の二人だけで瞑想しました。

 

しかし、後から振り返ってみれば、

参加者がおひとりだった瞑想会が、

 

ターニングポイントになったのだから

面白いものです。

 

参加者がお一人だけだった瞑想会の

当日は朝から力が抜けていたことを

覚えています。

 

瞑想会が始まっても力が抜けたままで、

くつろいだままの瞑想の状態のままで

瞑想会が終わっていました。

 

話す言葉が勝手に出てきました。

ただくつろいでいて、

 

お任せしておけば良いんだなぁと

思いました。

話すのではなくて、話しが出てくる。

 

自分が伝えようとしていたばかりに

こんな当たり前のことを

見過ごしていました。

 

そして、いろんな失敗を重ねながらも、

自分だったらこんな瞑想会に参加したい。

 

そんな瞑想会になってきたことが

なによりも嬉しい。

 

今日の瞑想会も良かったな、

次もやってくれないかなぁ~

 

まるで参加者になったかのように

自分の瞑想会のファンになっている

自分がいます。

 

たくさんのキャンドルを

惜しみなく使い、

 

他の方と共に坐れる瞑想会は

キャンドル瞑想会の機会しかありません。

 

だから、たった一人でも参加してくれれば

またキャンドル瞑想会を開ける。

そんな気持ちがあります。

 

回を重ねるごとに参加者が増えてきて、

最近は満席が続くようになりました。

有り難いことです。

 

 

作り手のよろこび

また、キャンドルの製作も改良を重ねて

良い物が生み出されるようになりました。

 

コントロールする為の添加物を使わない

自然のままの蜜蝋のキャンドルです。

 

添加物を使わない蜜蝋のキャンドルは、

作る難易度が高いのですが、

 

製作を続けることで、

理解できることが日々増えています。

 

キャンドルのことを理解できた分だけ、

良い物が生み出せるようになりました。

 

キャンドルの販売も徐々に注文が

増えるようになり、

 

最近は作るペースを超えて

注文が入るようになってきました。

 

品切れの状態になることも

珍しくありません。

 

開設したホームページを通じて、

面識もない方々がキャンドルの世界観に

興味を持ってくれて、

 

注文をくださるようになったことも

嬉しいことでした。

 

そして、

「このキャンドルには力があります」

と言ってくださり、

 

いつもリトリートやワークショップで

キャンドルを使ってくださる

那須シズノさん。

 

ダンス公演でもキャンドルを

使ってくださいました。

 

ダンスというジャンルを超えた、

祈りの要素も含む公演で感じた

踊り手の方々の圧倒的な熱量。

 

公演の一瞬一瞬にすべてを賭けている

神々しいまでの踊り手の方々の手には

キャンドルが持たれていました。

 

踊り手の方々の圧倒的な存在と

キャンドルの織り成す光景には

思わず涙が溢れ出てきました。

 

キャンドルを作ってきて良かった、

そのように思わせてくれました。

 

立ち上げたばかりにもかかわらず、

たくさん方に想いを寄せていただき、

 

良い経験を積ませていただいた

一年となりました。

 

2017年に向けて

リンクナチュラルの活動は、

新しく始めたことばかりで、

 

今年はゼロからイチを作る

一年になりました。

 

少しずつではありますが、

基礎が出来上がりつつある

リンクナチュラルの活動。

 

たくさんの方と共に坐ることができ、

キャンドルを灯していただきました。

 

来年も目の前の一つ一つのことを丁寧に

とり行いながら活動を続けてまいります。

 

来年もどうぞリンクナチュラルを

よろしくお願いいたします。