キャンドルの1/fゆらぎとマイナスイオン

1/fゆらぎとマイナスイオン

キャンドルの炎は美しいだけでなく、

どこか神秘的でもあります。

 

炎をただ見つめるだけで、

ストレスなどで崩れがちな

精神のバランスを取り戻すことができます。

 

このキャンドルの持つリラックス作用は、

主に1/fゆらぎとマイナスイオンによるものです。

 

1/fゆらぎとマイナスイオンという

二つのキーワードを紐解いていきます。

 

 

1/fゆらぎの効用

キャンドルの炎は不規則な

揺らぎを刻んでいるものです。

 

これが自然界に広く見られる

「1/fゆらぎ」のリズムです。

 

川のせせらぎ、

そよ風や木漏れ日やなどで

感じる心地良さと同じリズムです。

 

人間の鼓動もキャンドルの炎と同じ

1/fゆらぎのリズムを刻んでいます。

 

人間と同じリズムですから、

炎を眺めるだけで緊張が自然とほぐれていき

リラックスが訪れやすくなります。

 

科学的に脳波を診断すると

1/fゆらぎの環境下ではα波が大量に出ていて、

リラックスすることが証明されています。

 

その反対に心配や焦りなどがあり、

精神が落ち着かない時には、

β派が優位になります。

 

身体が緊張し肩や首などにコリが多い方も

同様にβ派が優位になっているそうです。

 

仕事などのストレスが多い時は、

キャンドルの炎を眺めるだけでも

気持ちが和らぐことでしょう。

 

マイナスイオンの効用

滝や森林浴での効用として、

取り上げられることが多い

「マイナスイオン」。

 

キャンドルを灯した時にも

マイナスイオンが発生しています。

 

キャンドルが燃焼すると

二酸化炭素と水が発生します。

 

キャンドルが気化する水蒸気に

立方/cmあたり約2万個のマイナスイオンが

発生しています。

 

これは滝の放出するマイナスイオン

(立方/cmあたり約1万~1万5千個)を

上回ります。

 

また、キャンドルが燃焼して発生する

マイナスイオンは空気の対流によって

部屋中へと満ちていきます。

 

一方、大気による汚染や電磁波からは

プラスイオンが発生しています。

 

プラスイオンに囲まれた環境は、

疲労感や不眠、ストレスを誘発するそうです。

 

マイナスイオンにはプラスイオンの状態を

中和させてくれる力があります。 

 

キャンドルを灯すことは、

部屋にいながら森林浴をしているのと

同様だとされており、

 

久しく植物に触れていない方は

キャンドルを灯すことも代用になるようです。