古代チベットとハミングの瞑想法

ハミングの気持ちよさ

ハミングとは口を閉じた状態で

「んんんーーー」と音を振動させることです。

 

もしかしたら、チベットの僧侶たちが、

ハミングをしている映像をテレビなどで

見たことがあるかもしれません。

 

ハミングによって身体の内部にも

振動が起こります。

 

この振動が仙骨から頭頂までの脊柱を通じて

細胞レベルにまで伝わり、

 

不安や緊張などで凝り固まっていた

エネルギーが動きはじめると言われています。

 

乱れた周波数を整えてくれ、

脳を浄化する作用もあるそうです。

 

また、ハミングといえば、

チベットというイメージがありますが、

 

ハミングの技法はヨーガや気功などにも

広く取り入れられている技法でもあります。

 

ぜひ、ハミングを試してみてください。

 

時間が取りにくい方はほんの5分でも十分です。

自宅のソファーでもできます。

 

口を閉じて「んんんーーー」と

内側に音を響かせるだけのことが、

 

こんなにも心地よくスッキリとした状態に

導いてくれるのかと驚かれることでしょう。 

 

 

ナーダブラーマ瞑想

ハミングを取り入れた

ナーダブラーマ瞑想の技法を紹介します。

 

ナーダ=音、

ブラーマ=宇宙の創造

という意味の技法です。

 

ハミングにより身体とマインドの両方が

振動していくことで、

身体とマインドに内なる調和が起こります。

 

ハミングをしていると

身体が空洞の筒の様に感じられるものです。

 

空洞の筒に響くハミング。

そのハミングの響きが脊柱を伝わり、

脳にまで振動が達していきます。

 

振動が脳天を超えていく感覚も

あるかもしれません。

 

あまりの気持ちよさに夢中になって

ハミングをしてしまうことでしょう。

 

ハミングを続けていると、

内側で響いているハミングを副音声のように

外側から聴く瞬間が訪れることがあります。

 

その瞬間は身体とマインドを超えており、

外側から自分を観照している状態です。

 

 

 

ナーダブラーマ瞑想の手順

三つのステージからなる一時間の瞑想です。

どの時間帯に行ってもよく、

空腹の状態で行います。

 

チベットの僧院の様に複数の人ともできますし、

一人でもできる瞑想です。

 

ハミングをしている時に背骨を中心として、

体を動かしたくなるかもしれません。

 

体を動かしたくなれば、

そうしてもかまいません。

自然に起こるままに任せていましょう。

 

また、瞑想が終わってからは少なくとも15分は

じっとしていると良いでしょう。

 

【第1ステージ】 30分

目と口を閉じてリラックスした姿勢で座ります。周りの人にも聞き取れるほどの大きさで

ハミングをします。

 

ハミングにリズムが出てくる時は

リズムが起こるにまかせましょう。

 

ハミングを続けていくと、

あたかも自分の体が

空洞の筒となったかの様に

 

ハミングの振動が全身に気持ちよく

伝わっていくことが感じられます。

 

【第2ステージ】 15分

第2ステージは二つのパートに分かれています。

各パートの時間は7分半です。

 

第2ステージの前半は手の平を上に向けて、

両手をへその位置から前方動かし、

前方から左右対称に円を描くように

手を動かします。

 

両手でゆっくりと円を描き、

自分の中心から外側の宇宙へと向かって、

エネルギーを捧げるように

意識すると良いかもしれません。

 

第2ステージの後半は手の平を下に向けて、

前半と反対方向に両手を左右対称に

円を描くように動かし、

 

外側の宇宙から自分の中心へと

エネルギーを取り入れているように

感じていきます。

 

【第3ステージ】 15分

座るか横になります。

身体を動かさず、内側をただ見守ります。

 

  

※ナーダブラーマ瞑想のCDが販売されています。

ハミングを心地良く感じられる方はCDを購入したうえで瞑想に取り組むのが良いでしょう。