瞑想で体幹が整う

背骨は気の通り道

結跏趺坐や正坐に慣れてくると、背骨をまっすぐにしなければ!と意識する必要そのものがなくなってきます。まっすぐに伸ばす意識がなかったとしても、背骨の方からムクムクと起き上ってくるからです。

 

実は背骨は骨格としての役割だけでなく、「気」の通り道という役割も持ち合わせています。このエネルギーの通り道はスシュムナと呼ばれています。内部のエネルギーが整ってくるとともに、気の通り道である背骨が勝手に起き上ってくるようになります。 

 

坐ることに慣れていると、姿勢を支える抗重力筋や姿勢筋などのインナーマッスルも自然と強化されています。そうなると、坐っていても、歩いていても、走っていても、骨盤の上に真っ直ぐな背骨がのっかている感覚になります。ちなみに、この感覚で走ると骨盤で走ることができ走法も安定します。

 

この安定感はいわゆる体幹と呼ばれるものです。弓道や剣道などの武術においては、精神面だけでなく体幹のしっかりとした身体をつくるためにも坐禅が取り入れられていたそうです。「道」の名の付く武術は禅と深いかかわりがあり、かつてはどこの道場でも坐禅に取組んでいたと聞きます。

 

私自身もフットサルをしていますが、坐禅などの坐る習慣によって軸となる体幹が整ってきたことを感じています。かつては憧れをもって眺めていたボレーシュート。体幹が重要なこのシュートがいまでは得意な技の一つとなりました。フットサルと坐禅にはまったく関係がないと思わるかもしれませんが、坐る習慣によって身体が整い、身体能力に至るまで向上してくるのです。

 

あらゆるスポーツに同様のことが言えるのははもちろん、茶道や書道なども禅と深いかかわりがありますので、おそらく芸事にも影響しているのだと思います。