リンクナチュラルの瞑想ブログ

2016年の振り返り

リンクナチュラルのスタート

2016年はリンクナチュラルの活動をスタートさせた年となりました。正直なところ、なぜ自分がキャンドルを作っているのか、なぜ自分が瞑想会を開催しているのか、自分でもよくわからないのですが、不思議なご縁の積み重ねと運命の偶然で活動を始めることになりました。

 

 

2016123日のキャンドル瞑想会からリンクナチュラルとしての活動が始まりました。以前からハワイ在住の舞踏家那須シズノさんのリトリートのお手伝いをしていましたので、会場の装飾についてのイメージだけはありました。しかし、どうやって告知したらいいのか?どうやって瞑想をガイドしたらいいのか?自分が参加したことはあっても、瞑想会を誰かに提供したことはなく、すべてが手さぐりの状態から瞑想会は始まりました。

 

 

続きを読む 0 コメント

キャンドル瞑想会#6~音と灯りのなかで~

エネルギーの渦

12月23日(祝)にキャンドル瞑想会~音と灯りのなかで~を開催しました。今年から始めた瞑想会も今回で6度目の開催。満員御礼となる参加者13名とスタッフ2名でしたハミングを用いたナーダブラーマ瞑想が強烈で、共鳴しあったハミングが会場をこだまして、ハミングの巨大な波が押し寄せてくるような、とてつもないエネルギーの場と化していました。

そして、ハミングの余韻も冷めやらぬ中で加藤あいさんのクリスタルボウル演奏が始まる。細胞一つ一つにまで倍音が響き渡るような感覚で、身体に力を入れることもできない脱力したままで、クリスタルボウルの倍音に包まれていく心地の良さ。

二日ほど経っても、身体に、細胞に音の振動がこだましている感覚。オーガズム、ノーマインド、、、どうやって言葉にしていいのかわからない。あの会場では何かが起こっていた。そして、自分自身にも何かが起こり始めていることを感じる。今回の瞑想会も参加者のみなさんとクリスタルボウル奏者の加藤あいさんだから作れた場。主催でありながら、素晴らしい瞑想会に参加できたことに喜びを感じられる。

 

 

 

そして、いつも時間がとれないでいた参加者とのコミュニケーションの時間も持つことができたことも大きかった。限られた時間のなかで、瞑想の技法を一つでも多く提供できればそれも良いけれど、参加者としてではなく、その人個人として触れるには必要な時間だということが感じられた。幾人かの参加者とお話しして、どういう想いで来てくれているのか知ることもできたし、この瞑想会を必要としてくれている人たちがいるということも理解できた。

たまたま流れで瞑想会という場を持つことになっただけで、先生とか先達でもない。いつでも自分自身がこのキャンドル瞑想会が好きで参加している、参加者の一人としてこれからも瞑想会を続けていきたい。

 


大峯奥駈道との出会い

大峯奥駈道との偶然の出会い

思い返せば”自然とつながる"きっかけを与えてくれた奥駈(おくがけ)との出会いはまったくの偶然でした。それはパートナーと高千穂への旅行を計画していたある夏のこと。

 

天河弁財天大社(奈良県吉野郡天川村)への奉納舞を終えたばかりのパートナーが、どうしても私を天川村に連れて行きたいと言い張り、半ば強引に旅先を変更させられたのがきっかけでした。

 

しぶしぶ高千穂から旅先を変更し、夏休みに訪れた天川村。パートナーと夜の洞川温泉郷を散歩に出かけて、ふらりと立ち寄ったお土産屋さん。偶然にもこのお土産屋さんに一人の修験者がいました。

 

女人禁制をかたくなに守る大峰山寺にお勤めする方で、この修験者から大峯奥駈道の存在を教わりました。吉野から熊野までのおよそ一週間を要す山岳修行の道。会社勤めの私には休みが取れないと告げて、その時はお土産屋さんを去ったのです。

 

そして、天川村を訪れた次の月に迎えたシルバーウィーク。この年のシルバーウィークは偶然にもプラチナウィークとも呼ばれた超大型連休。労せず一週間の休みを手にすることになります。ちなみに、次にプラチナウィークを迎えるのは11年後だそうです。

 

そうして、行くか、行かないかを考えることもなく、気が付けば奥駈への準備を始めている自分がいました。虫も動物も怖い、山を登った経験もないにもかかわらず、、、です。

 

高千穂に行っていたならば、修験者が偶然にお土産屋にいなかったならば、プラチナウィークの大型連休がなかったならば、奥駈に行くことはなかったでしょう。大峯奥駈道との出会いは偶然そのものでした。

 

 

 

いざ奥駈へ

和歌山県田辺市の熊野本宮大社ほとりにある熊野川。禊の意味を込めて熊野川を徒歩で横断して始まった奥駈。

 

スタート時のリュックの重量は約18Kgあります。その日の熊野川は水深が膝上15cmほどあり、リュックを背負ってバランスをとるのは大変でふらつきながらの横断。よろめきながらも、なんとか横断してホッとしたものの、見上げてみればどこをどう見てもそこから先に進めそうな登山道などありませんでした。

 

選択肢はただ一つ。登山道でもなんでもない山の中に身一つで分け入っていくこと。山の中の道なき道をかき分け、樹木につかまり登っていくことおよそ15分。ようやく登山道に合流できました。

 

思い返してみれば、初日は熊野本宮大社を出てから先は誰一人として出会うことはありませんでした。人の乏しい大峯奥駈道。初日に出会ったのはマムシらしき蛇だけでした。

 

二日目は玉置神社(十津川村)には数人の参拝客がいましたが、そこから先は、ほとんど人に会うことはありません。僅かに出会った方からは「この先に熊がおるでな。熊と目が合っちゃったよ。」と、情報をもらいました。

 

この先は一本道。この一本道に熊がいるという事実。かといって引き返すわけにもいかず、音が途切れることがないよう、必要以上に熊除けの鈴を鳴らしまくって歩きました。「ガサガサッ」と動物の足音が聞こえるたびに緊張がはしりましたが、鈴の音に反応した鹿が走り去っていくのを目撃しただけで、幸いにも熊に遭遇することはありませんでした。

 

釈迦ヶ岳の手前では香川県から来ていた三人組のグループと出会いました。「山に登ったことないの!?ここは上級者向けのコースなのに面白い人だね。」と、笑われながらも山で一番の貴重品である水を1Lも分けてくれました。分けていただいた水は、釈迦ヶ岳の岩の割れ目から湧出している香精水。万病が治癒するとの伝承がある湧水です。

 

もしかしたら、死ぬんじゃないかと怖れる気持ちばかりで入った山岳道。山に入れば火を起こしてくれ、コーヒーを作ってくれた人。貴重な水を分けてくれる温かい人たちがいました。

 

そして、道に迷えばルートを外れていることを直観が教えてくれました。足を滑らせ滑落しても不思議なことに怪我一つ負いませんでした。不思議な何かに守られているという安心感がありました。街灯などあるはずもない真っ暗闇の山の中をヘッドライトを照らして歩いても、怖さはなどなく、ただひたすらに歩き続けていました。

 

トータルで6日間かかりましたが、無事に奈良県吉野にある金峯山寺に辿り着き、修験道で最も重要視されていた奥駈の行を終えました。

 

 

 

超自然的な力を知る

東京に戻るといつもの出勤風景がいつもと違って見えました。すれ違う出勤中のサラリーマンたちは、生気のない目が死んだ人々の行列に見えました。畑で栽培されている野菜に元気がないように見えました。一方、道端に生えている雑草が生き生きとしているように見えました。

 

自然との距離が近くなっていたのか、雑草たちや街路樹は笑っているように見えます。超自然的な力を感じることができ、自分の身体に気が溢れているだけでなく、実際に人の身体に作用していくこともできました。

 

このような現象は一ヶ月も経った頃には元に戻っていましたが、自然の中には超自然的な力があること、普段の生活は自然との距離が離れすぎていることを知りました。リンクナチュラル(="自然とつながる")の原点は大峯奥駈道にあります。


0 コメント

キャンドル瞑想会~動く瞑想と坐す瞑想~

2016年6月11日(土)にキャンドル瞑想会を開催しました。

 

今回の瞑想会は告知が数日前ということもあり、いつもよりも少ない人数での開催となりました。今回参加してくださったのは長年瞑想を続けてきた方々で、初めて瞑想される参加者が多かった前回の瞑想会とは異なる雰囲気となりました。

 

イントロの部分では共催のスペースMaDevi相山千賀子さんが観音舞の呼吸を使ったセッションから瞑想会が始まりました。ゆったりとした観音舞の動きを伴いながら、言葉でもわかりやすく説明してくれていました。観音舞の呼吸法に続いてナーダブラーマ瞑想、トラタック瞑想、第三の眼を開く瞑想法と続けて瞑想技法を紹介。

 

始めたばかりの瞑想会ですが、素晴らしい瞑想会になっているなと感じています。私の世界観の体現となる無添加の瞑想用キャンドルが、相山さんの世界観を通して美しい空間を生み出している。

 

この美しい空間の中で、自分が気持ち良さをよく知っている瞑想技法ばかりを並べて、皆さんと瞑想することができる。こんな瞑想会があったら是非参加したい!と自分が思える瞑想会にもなってました。 

 

 

 

自分の理想ばかりの瞑想会

キャンドル瞑想会はこれといって高尚な瞑想会ではないかもしれません。結果としてそうなれば良いけれど、かといって瞑想会に来てくれる誰かに満足してもらうことを目的にやっているのかと言われれば、そういうわけでもなかったりします。

 

それでも、瞑想の大先輩が来てくれているので喜んでもらえるような会にしたいとか、逆に失望されたくないとかそういった声が頭によぎることもあります。

 

しかし、それと同時に大先輩から認めてもらいたい、愛されたいと願っているエゴイスティックな自分に気付いていればそれで十分。実際に外側の誰かに評価してもらう必要がなくなっていくことを感じています。

 

誰かの為に何かを為す。これが"愛"と呼ばれたりしますが、実際は為す側と為される側(尽くす側と尽くされる側)に分離してしまいます。これはパートナーとのセクシャリティから体感して学んできたことです。

 

よくパートナーを満たす為にセクシャリティの技術などを学ぶ人がいますが、実際はパートナーを満たそうとすればするほど、気持ちよくする側と気持ちよくされる側に分離して一体感とはかけ離れていきます。

 

相手を満たす為でもなく、自分を満たす為のどちらでもなく、どちらでもある。為す自分が消え行く時に、自然が事を為してくれている。

 

 

相手の為でも、自分の為でもなく

私の場合、理由はよくわからないけれど、気が付けばキャンドルを作っていました。これまた理由はよくわからないけど、気が付けば瞑想会を開くことになっていました。

 

誰かに喜んでもらいたくて始めた訳でもなく、自分がやってみようと思っていた訳でもなく、よくわからないうちに始まっていました。

 

目指して辿り着いたわけでもなく、理由はよくわからないけど、キャンドルと瞑想会が運ばれてきた感じ。結果として、来てくれた人が喜んでくれたりする。

 

瞑想会を開く度に充足している自分がいて、また開きたいなと思う。そして、いい瞑想会だなと感じている自分がいて、自分がこの瞑想会の一番のファンだったり、次も開催して欲しいと希望する参加者だったりもします。

 

 

主催者がこんなスタンスでもいいのかなと思いつつも、まぁいいんじゃない!とか思いながら、次回も瞑想会をやる予定を組んでいます。


0 コメント

禅的商売

利益はでないかもしれないが、それでも・・・

MeditationCandle~奥駈~はティーライトタイプのキャンドル5個で5,000円というけっして安くはない値段を設定しています。ずいぶんとお高いんですねと言われることもしばしばあります。

 

それでも、利益はあまりありません。原価もまたお高いからです。キャンドルに使う素材がパラフィン(石油由来の蝋)であれば一般的に1,000円あれば1Kg程度手に入ります。これを日本ミツバチの蜜蝋にすると、一般的に1,000円で手に入るのは30g-90g程度になります。ヒノキの精油もおおよそ精油の瓶一本(4ml-5ml)程度使っています。そもそもの原価がお高いのです。

 

それでも、工場の中でオートメーションに大量生産して拡販できれば利益を出すこともできるかもしれません。けれど、精麻(乾燥させたヘンプの茎)を紡いで糸にするところから手作業でキャンドルを作っているので、そんなにたくさん作ることもまた難しいキャンドルです。

 

仮に割に合うのか、合わないのかと問われることがあれば、割に合わないと即答する自信はあります。それでもキャンドルを製作しているということは自分の中にある何かが動かされているからなのだと思います。

 

世界観の表現

自然崇拝の世界に身を置き、セクシャリティの世界に身を置き、瞑想の世界に身を置き、キャンドルの世界に身を置く自分を通してしか出てこなかったであろうオリジナルな世界観が自分の中にあります。この世界観の一つの表現としてMeditation Candle~奥駈~が生まれてきてくれました。

 

この世界観を世に広めようとか、売り上げを伸ばして大きな組織を作りたいとう気持ちもほとんどありません。そもそも論で言えば、買って欲しいという気持ちもあまり強くありません。
ただ、これが自分の世界観だから、淡々と表現する活動をしているだけ。排泄や呼吸と同じで、どうやって入れるかという意識は少なくて、ただ内側にあるものを表に出していくこと。それを淡々とやっているかんじです。
 

共鳴し合う世界観

世の中には売り手と買い手がいます。買い手は購買権を持っていて、一種の小さな権力者にもなり得ます。お客様は神様ですとはよく聞く言葉。しかし、私には売り手と買い手が分離しているように見えてしまうというおかしな価値観を持っています。
キャンドル瞑想会であったり、キャンドルの制作は自分の世界観の表現でもありますが、生み出すことそのものに意識があたっている。
それなのに縁あって受け取ってくださる方達がいたりする。変わった人もいるものだなぁと心底思います。もちろん、大変有難いことだとも思います。こんなオリジナルな世界観なのに共鳴してくれる変わった方も世の中にいるのです。
SNSに掲載してくださる方、紹介をくださる方、感想を寄せてくださる方、応援や協力してくれる方、活動に興味を持ってくれる方がたくさんいてくれる。自分が思っている以上に活動も拡がっていく。
労力はたくさんかかるし、失敗も数多いけれど、キャンドルを作ってきて、瞑想会をやってきてよかったなぁと、思います。

0 コメント

キャンドルの個性

2016年6月4日(土)から6月5日(日)に箱根で開催されたハワイ島在住の舞踏家ニーシャ( 那須シズノさん)のダンスリトリートにてMeditation Candle~奥駈~を提供させていただきました。
キャンドルを灯して行ったニーシャオリジナルの弥勒瞑想は神秘的で素敵な時間になりました。リトリートや瞑想会などで制作したキャンドルを灯す機会が増えてきたのですが、毎回キャンドルを提供するたびに悩ましく思うことがあります。

私が感じていた悩ましい思いは、キャンドルの燃焼の仕方を均一にコントロールできないことです。そして、今回のリトリートにてキャンドルを眺めていた時に気付くことがありました。

 

 

 

キャンドルは物ではなく生命

それは、手作りしたキャンドル一つ一つには魂があり、それぞれのキャンドルに個性があるということ。そもそも均一化するものではなかったということに気が付きました。キャンドルもまた物ではなくて、一つの個性を持った生命なのかもしれません。

 

風が吹いてもいないのに激しく揺らめくキャンドルもあれば、揺らぎなく一直線に直立した炎のキャンドル、控えめな炎のキャンドルもあったりとそれぞれに個性があります。

 

私は不思議に思っていたのです。

 

同じ素材を同じ条件で、同じ工程で、同じ芯の長さで、同じ灯し方をしているのになぜ炎が均一化しないのだろうと。もともと加工がしやすくて、安定して燃焼するパラフィンなどの石油系のキャンドルであればこのような問題を感じることがなかったかもしれません。たとえ蜜蝋を素材にしたキャンドルであっても、添加物を用いて均一化を図る考え方も理解できます。

 

添加物を用いれば均一化が図りやすくなるのは確かですが、リンクナチュラルのキャンドルは、一つ一つのキャンドルに個性があってもいいのかもしれません。そう思えたら、沸き立つ炎がいい、揺らめかない炎、炎が大きくないものがよくないのではなく、それぞれのキャンドルが個性的で美しいものとして捉えることができる発見がありました。


0 コメント