第三の眼を開く

第三の眼とは

第三の眼は左右の両目とは別に眉間に存在する

と言われる神秘的な眼のことです。

 

サードアイとも呼ばれており、

大脳生理学における松果体のこと

だとも言われています。

 

この第三の眼が開くと万物を見通すことが

できるそうです。

 

人のオーラや過去生を見たり、

透視能力や心を見通すことまでできるといいます。

 

かつて宗教国家であったチベットには

第三の眼を開く外科手術があると聞きますし、

 

日本においても第三の眼を開く

ワークショップが開催されているそうです。 

 

 


第三の眼と自己観照

オーラや過去生を見たりといったサイキックな

能力が開花することも大切かもしれませんが、

瞑想における役割は少し違いがあります。

 

"内側の自己を観照すること"

 

瞑想においては自己を観照ことに

第三の眼を開く意味があります。

 

第三の眼にエネルギーが集中し始めると、

自分自身の思考や感情が流れているのを

見守る観照者としての自分が育ち始めます。

 

私たちは思考や感情と同化していますが、

第三の眼が開いていくことで、

思考や感情との距離が生まれてきます。

 

たとえば我を忘れて怒っている時、

怒りという感情と自分が同化している状態です。

 

感情と自分の間に距離がない為、

怒りという感情に自分が飲まれている状態です。

 

怒りが湧いたその瞬間に感情の動きに

気付いている観照者としの眼があれば、

怒りに巻き込まれることができません。

 

私は怒っているのだと、

自分の感情に気付いているだけです。

 

怒りという感情に対して無意識になるのではなく、

意識的であることができます。

 

これは怒りが湧かないということでもなく、

怒りを抑圧することもでもありません。

 

内側から湧いてきた怒りという

感情のエネルギーにただ気付いているだけです。

 

感情の動きに意識的であれば、

相手に向かって怒りのエネルギーをぶつける

必要もなくなってくるでしょう。

 

 

第三の眼は内なる中心への気付き

これは様々な物事にも当てはまります。

 

不安が湧いてくれば不安に巻き込まれ、

性欲や食欲が湧いてくれば、

その欲望に巻き込まれます。

 

何かが来ては去っていくようなものに

私たちは簡単に巻き込まれてしまうものです。 

 

外側の刺激をきっかけに発生する何かに

巻き込まれない、

内なる中心への気付き。

 

ここに第三の眼を開く意味が

あるのではないでしょうか。

 

メンタルが安定しない人や

頭の中が思考でぐるぐる動き回っている人などは、

揺れ動いている自分を観照できるようになります。

 

揺れ動いている自分をただ見つめているとき、

自分とは何者なのか?という

問いへの答えが見つかります。 

 

観照ことそのものが瞑想の道でもあります。