第三の眼を開く

第三の眼とは

第三の眼は左右の両目とは別に眉間に存在すると言われる神秘的な眼のことです。スピリチュアルの世界ではサードアイとも呼ばれており、大脳生理学における松果体のことだとも言われています。

 

この第三の眼が開くと万物を見通すことができるようになるそうです。人のオーラや過去生を見たり、透視能力や心を見通すことまでできるといいます。かつて宗教国家であったチベットには第三の眼を開く外科手術があると聞きますし、日本においても第三の眼を開くワークショップが開催されているそうです。 

 

 


第三の眼と自己観照

第三の眼を開くことは一体何に役立つのでしょうか。オーラや過去生を見たりすることが役立つこともあるかもしれません。しかし、外側の誰かに対して何かを為すために第三の眼を開くのでしょうか。

 

"内側の自己を観照すること"

 

瞑想においては、ここに第三の眼を開く意味があります。第三の眼にエネルギーが集中し始めると、自分自身の思考が流れているのを見守る観照者になります。普段、私たちは完全に思考と同化していて、見守る隙間がありません。

 

たとえば我を忘れて怒っている時、自分が怒っているものだと思い込んでいます。この状態は怒りと自分の間に距離がなく、怒りという感情に自分が乗っ取られているだけのことです。

 

怒かりが湧いたその瞬間に、観照者として自分を見つめている眼があれば、怒りと自分の間には隙間ができます。この隙間があることで自分が怒りに巻き込まれることができません。怒りが湧いていることにただ気付いているだけです。

 

これは怒りが湧かないということでもなく、怒りを抑圧することもでもありません。湧いてくる怒りに自分が影響されなくなったというだけです。

 

内側から湧いてきた怒りのエネルギーにただ気付いているだけです。湧いてきた怒りのエネルギーもいずれまた内側へと戻っていきます。相手に向かって怒りのエネルギーをぶつける必要もなくなります。

 

 

第三の眼は内なる中心への気付き

怒りを例えとして挙げてみましたが、これは様々な物事にも当てはまります。不安が湧いてくれば不安に巻き込まれ、性欲や食欲が湧いてくればその欲望に巻き込まれます。何かが来ては去っていくようなものに私たちは簡単に巻き込まれてしまうものです。 

 

外側の刺激をきっかけに発生する何かに巻き込まれない、内なる中心への気付き。

 

ここに第三の眼を開く意味があるのではないでしょうか。メンタルが安定しない人や頭の中が思考でぐるぐる動き回っている人などは、思考の間で揺れ動いている自分を観照できるようになります。揺れ動いている自分をただ見つめているとき、自分が中心にいることがわかります。

 

 

第三の眼の開き方

では第三の眼はどうやって開発していくのが良いのでしょうか。第三の眼を開発する方法は何千年も前から考案されてきました。代表的な技法に一点を凝視する方法と両目を閉じて額に集中する方法があります。

 

一点を凝視すると両目に流れていたエネルギーの動きが固定されます。固定されたエネルギーが第三の眼へと流れていくことで開いていく技法です。これが一点凝視の技法の概要です。

 

同様に両目を閉じることでも両目に流れていたエネルギーが行き場を失います。ここで眉間に集中すると、両目に流れていたエネルギーが第三の眼に流れます。これが両目を閉じて額に集中する技法です。

 

次のページにて一点を凝視する古代ヨーガのトラタック瞑想と、両目を閉じて第三の眼にエネルギーを集める瞑想の技法を紹介します。

 

 

第三の眼を開くことの注意点

第三の眼を開くことで成長につながるのはたしかですが、落とし穴もあることは意識している必要があると思います。

 

スピリチュアルな記事などでよく見かける第三の眼を開く効果としては、人のオーラを見ることや過去生が見えることがあります。けれど、時として第三の眼を開きサイキック(超能力)な力を得ることは、エゴを増大させることにつながります。

 

多くの人が自分のオーラがどうなっているか、どのような過去生だったのか見てもらいたいと思っていることでしょう。サイキックな能力でオーラを見たり、過去生を見ることができれば評判を得ることでしょう。自分が特別な人間であると認識しエゴが増大してしまうことが多いのです。

 

また、精神的成熟を待たずにサイキックな力を身に付けることは危険でもあります。未熟さゆえに悪事を働くことにもつながるかもしれません。異性の心を見通せたら、その人はサイキックな力を悪用することもできてしまいます。第三の眼は自分のエゴを満たす為の道具にも成り得るのです。サイキックな能力を身に付けた方もいると思いますが、必ずしも精神的な成熟度と同じとは限らないものです。