無秩序の中の秩序

2018年3月中旬

カンボジアを訪れていました。

 

アンコールワットのあるシェムリアップ

で125ccのバイクをレンタルして

郊外の村々へと日々出かけていました。

 

カンボジアを訪れたことのある方は

無秩序な交通ルールをご存知でしょう。

 

交通ルールなど無いに等しい状態で

無秩序そのものです。

 

交通ルールがあるとすれば、

日本と反対の右側通行ということだけ。

 

信号も町の中心部に4-5個あるだけで、

とにかく先に突っ込んだ方が優先。 

 

シェムリアップ市内の交差点
信号のないカオスな状況の交差点

間合いを感じ合う

しかし、運転を続けていると

「無秩序の中に秩序が存在している」

ことに気が付きます。

 

何となく左からくる車が優先だとか、

いま直進の流れに変わったなど、

その時々で発生する秩序があるのです。

 

そもそも信号がないのだから、

青がGOで、赤がSTOPなんて

ルールは存在していません。

 

この車幅なら先に突っ込めば進める、

ここは相手の方が先だな、

と、相手との間合いを感じ合って進む。

 

ただ、その瞬間の流れを感じて

動くことがすべてです。

 

こうして互いに感じ合って動くとき、

そこに秩序が生まれている。

 

日本のようにルールを決めて

学校や警察などの組織が

秩序を守らせるのではなく、

 

あくまで個人の感覚に委ねられている。

個人がその瞬間、瞬間に感じて動く。

 

カンボジアでの事故は少なく、

事故に遭うのは外国人ばかりだと

お聞きしました。

 

ルールによって細かく縛らなくても、

感じることさえできれば、

自然発生的に秩序が発生して

うまく流れていく。

 

むしろ細かく縛られていることで、

間合いを感じ合う能力が育たない。

 

ルールで育ってきた外国人ばかりが

事故を起こしているのかもしれません。