自分とは何者なのか

瞑想にはどのような効果があるのか?

と聞かれることがよくあります。

 

瞑想によって集中力がアップしたり、

うつ病や不眠症が改善するなど、

さまざまな効果があると思いますが、

 

それらの効果よりも「なぜ瞑想をするのか?」

という問いの方が大切だと感じています。

 

以前に禅の公案の合宿に参加した

ことがあります。

 

公案の合宿では、

携帯を持ち込むことは許されず、

他者と話をすることもできませんでした。

 

4日間ほぼ軟禁された状態で

自分に対してひたすら公案を

問い続けるプログラムでした。

 

外側にある何かに対してだったり、

誰かへと向いてしまっている

意識を内側へと向けるためです。

 

自分の内側を観察し続けたことで、

内側の深くにこそ豊かさの源泉がある

のだと初めて気が付くことができました。

 

自分の思考、自分の感情、自分の肉体、

という当たり前の感覚は、

果たして自分自身なのでしょうか。

 

そもそも自分とは誰なのでしょうか?

自分自身の思考、

自分自身の感情、

自分自身の肉体、

これらをただひたすらに観察していく。

 

結論から言えば、

これらの感覚は自分自身のものでは

ありませんでした。

 

これらの感覚を感じている"誰か"が

もう一人自分の内側深くにいる。

 

思考、感情、肉体という、

これまで自分が知っているもの

全てではない"誰か"が内側深くにいる。

 

内側深くの"誰か"のスペースからは、

訳もなく喜びが溢れ出てきます。

 

良い事があったから喜ぶというのは、

外側の状況に対して反応した結果です。

 

外側の状況にはいっさい関係がなく、

何の理由もなくただ喜びが溢れ出てくる。

そんな豊かさの源泉が内側深くにある。

 

そして、内側深くから溢れ出てくるものは

喜びだけではありません。

 

愛もまた内側深くの同じ源泉から

溢れ出てきました。

 

この人が好きだという

特定の誰かに向けたものでもなく、

 

好きも嫌いもなく、

ただ目の前の人が

なぜか愛しく思えてしまう。

 

外側の状況や人によらず、

人は喜びに愛に生きられるのだと

初めて知りました。

 

思考によるジャッジメントもなく、

感情も肉体をも超えた何かが

自分の中にあります。

 

それはまるで内なる仏陀の様。

静けさと喜びと愛。

 

悟りとはきっとこんな世界なのだろう

という一瞥を得ることができました。 

 

幸せや不幸といった概念を超えた

至福が内側深くに存在しています。