無為の為(見守る者か、する者か)

「無為自然」や「無為の為」という

言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

この無為の為こそ、

コラムや瞑想会を通じてお伝えしたい

重要なメッセージです。

 

「道は常に無為にして、

而(しか)も為さざる無し」

 

何事も為さずにいて、しかも為している

という意味になります。

これは老子の言葉です。

 

何事も為さずにいて為しているとは、

頭で考えると矛盾があり、

理解不能な言葉のように思えます。

 

無為に時間を過ごすとか、

無為無策という言葉もあるくらいですから、

 

無駄な時間を過ごすというニュアンスを

感じる方も多いかもしれません。

 

しかし、実際は老子が言うように

無為によって、為さざるを無しなのです。

 

 

無為の為とは何か

たとえば、ある売れっ子作家は自動書記で

小説を書きあげてしまうと言います。

 

空飛ぶ皇帝と呼ばれた伝説のバレエダンサー

ニジンスキーは"自分が"飛ぼうとした時には

理想的なジャンプが一度もできなかったと

語っています。

 

発明王エジソンは空間に浮かんでいる思考を

捉えることでひらめきが起こり、

発明につなげていたと語っています。

 

いずれも自分で考えて、

自分が為そうとして為したものではない

ということです。

 

彼らは為そうとしないことで、

自分の実力以上のことが為されることを

知っているのです。

  

為そうとする自分がいなくなった時、

自動的に為している自分がいる。

 

する者がなく、行為だけがある。

これが、無為の為の境地です。 

 

 

人智を超える

する者がなく、行為だけがある。

この無為の為の状態は、

 

自らの中にある最高位のものが、

自らの中にある最も低位なものを

捉える現象と言われています。

 

この現象を人によって、

宇宙とか、

神とか、

存在とか、

サムシンググレートとの

一体化と呼んでいるのだと思います。

 

"する者"が消えゆく時に、

高次な何かと同調し一体化して、

自分を超えた何かが起こってくる。

 

この現象には無為自然や無為の為、

ラティハン、マハムードラなど様々な

呼び方があるようです。

  

 

今ここに在ること

無為の為はどうしたら起こるのか?

 

無為の為は起こることであって、

起こそうとするものではありません。

 

起こそうとすることが既に作為的であり、

無為ではなくなってしまいます。

 

ポイントがあるとするならば、

「コントロールしようとする者」が

消え去ることです。

 

しかし、する者を消そうとする努力は、

コントロールすることになります。

 

起こるにまかせる

無為であることは、する者がいない状態です。

これは、何もしないということでもありません。

 

するでも、しないでもない。

どちらでもない。

ただ見守り、ただ待つこと。

 

待つだけなら簡単にできると

思われるかもしれません。

でも、人はただ待つことができません。

 

有能なマッサージ師に尋ねてみてください。

ただ触れることがいかに難しいか。

 

有能な歌手に聞いてみても同じです。

ただ歌うことがいかに難しいか。

 

結果や評判をコントロールしたい

という気持ちが少しでもあれば、

 

上手くやろうとする微妙な力が働き、

ただ触れたり、歌ったりすることが

できなくなります。

 

状況や結果をコントロールしたくて、

何かを為そうとせずにはいられないものです。

 

いかにして、コントロールを手放すか。

結果に対して手放しで状況を見守っていること。

 

起こっても、

起こらなくても

どちらでもいい。

 

特に起こらなくてもいいかなという

受け入れる心境になった時、

無為の為が起き易くなることを感じます。

 

ただ待つこと、見守る者でいることは、

存在(サムシンググレートなど)への信頼が

なければできません。

 

待てないのは自分の力だけを

信頼しているからです。

 

常に何かを為そうとしている自分を見守る。

状況を都合のいいようにコントロールしようと

する自分を見つめること。

 

待つことの中に瞑想があります。

為そうとする自分を見守ることです。